タグ:ファミコン通信 ( 1 ) タグの人気記事

皆が青春のファミコン通信

b0190505_334828.jpg
作品名1989年のファミコン通信
作者名田原誠司
 僕の兄貴分であり、元ファミ通副編集長にしてカードヒーロー名誉師範の田原誠司氏が本を出す。ファミ通webの読み物が一冊の本になると言われてから、待てど暮らせど音沙汰がないまま早数年。もう出ないものだと諦めて、書籍化のことは尋ねまいと気を遣っていたら、いつの間にか兄貴との付き合いも疎遠になっていた。「1989年のファミコン通信」はエンターブレインから8月8日発売だ。発売日が決まり、立派な装丁ができてもなお一抹の不安を感じる。このまま大事なく書店に並ぶことを切に願う。

 もうだいぶ前から「ファミコン通信血風録」を書くべきだと強く勧めてきた。子供の頃、僕の心を鷲掴みにした(ゲームの情報誌でありながら、ゲーム本体よりも面白かった)ファミコン通信と個性豊かな編集者達が、ゲーム業界と出版界を股に掛けて大暴れする群像劇だ。
 下敷きとしてイメージしたのは椎名誠の「本の雑誌血風録」だった。いや、登場人物のキャラの立ち具合からすると、司馬遼太郎の「新撰組血風録」に近いかもしれない。本の雑誌の関係者については事前に何の知識もないけれど、土方歳三や近藤勇のキャラクターを知っているのと同じくらい、浜村通信やスタパ斉藤の名前にも親しんでいるからだ。そして、田原誠司という人物を知れば知るほど、(ファミコン通信の関係者ではない僕が言うのもなんだが)それを書くのにうってつけの人物だと感じるに至った。
 しかし兄貴にとってみれば、ファミコン通信は自分を育ててくれた愛着のある古巣であり、それをエンターテイメントの題材として書き立てることは、仁義にもとる行為だと感じているようだった。

 ウェブ掲載時の「ファミコン通信1988」は、そういう意味では「本の雑記血風録」などとは違い、物語性を排して当時のゲーム業界を淡々と書き綴った内容だった。しかし、その実直な(やや偏屈な)文章から、かえって当時の情景をイメージしやすく、そこから面白い雑誌を作ろうという編集者たちの熱意が伝わってきた。
 本の雑誌が創刊した1976年から、干支が一回りした1989年は、昭和天皇が崩御(お隠れになった、というらしい。冒頭より)した年頭から粛々とした空気の流れた年でもあり、熱にうかされたようなバブル景気の真っ只中でもあった。文字通り一つの時代が終わった年であると同時に、今に至るまで続く絶頂からの転落が始まった年でもある。
 80年代の末にゲーマーだった方も、そうでない方も、ぜひ手にとって欲しい一冊だ。ちなみに、僕の1989年は日本史の追試から始まった。その結果、僕は2年まで通った高校をクビになり、人生において長い影を落とす忸怩たる迷走期間が始まるのだけれど、それはまた別のお話。

 まだ読んでいない(8月4日現在)ので何とも言えないが、独断と偏見と身びいきで★5つにしておこうと思う。実は、印税が入ったら寿司を奢ってくれる約束になっているのだ。カウンターのお店か回るお寿司か、大トロの握りかカッパ巻きかは、皆さんのお心一つにかかっている。定価が880円で、その一割が印税として戻ってくるとすると、僕が満腹になるには100冊くらい売れる必要がある。いや、あくまで回るお寿司の場合ならだけれど。
 

[PR]
by tigersteamer | 2013-08-04 03:03 | | Comments(8)