タグ:オレンジペコー ( 1 ) タグの人気記事

幻のオレンジペコー

b0190505_12412997.jpg

 オレンジペコーとは、茶葉の等級を指す言葉であって、別にオレンジの果汁やピールがはいっているわけではない。新芽の部分を多く含んでいて、それがオレンジ色をしていることからその名がついたらしい。鯛焼きに鯛がはいっていないようなものだろうか。

 今を去ること20年程前、低価格が売りのファミリーレストラン「ガスト」で、僕は初めてその名を知った。ホットドリンクバーだった。ダージリン、セイロンティーやアップルティー、烏龍茶、緑茶など、飲み放題のティーバッグのコーナーに、オレンジペコーも含まれていた。
 当時、学生だった僕は、ガストに行く度にドリンクバーを注文し、両手では掴みきれないくらいのティーバッグをこっそり持ち帰っては、自宅でそれを楽しんでいた。あまり褒められたことではないけれど、お茶っ葉にも事欠くほど金がなかった。 おそらく店員にはバレていただろう。裏で不名誉なアダ名をつけられていても文句は言えないくらいの常習犯だった。
 ティーバッグのほとんどは1回こっきりの使用にしか耐えず、2度目からは色も味もつかない代物だった。その中でも、オレンジペコーは特に薄かった。2つ3つまとめてポットに入れて、長時間煮だしても薄い色しかつかず、紅茶の味もしない。そしてなにより、妙に酸味が強くて、柑橘系の濃い香りがしたのだ。匂いつき消しゴムのような毒々しさを感じた。まさしく人工的なオレンジの味と香りだった。それでも、これはそういうものなのだと信じて疑わなかった。
 オレンジペコーにオレンジは入っていないと知ったのは、それから随分経ってからのことだ。

b0190505_12311246.jpg

 夜勤の帰りに、ガストへ立ち寄って、ランチメニューとドリンクバーを注文した。しかし、そこにオレンジペコーはなかった。あれは一体なんだったのか、僕の回りに当時を知る者はいない。
 

[PR]
by TigerSteamer | 2015-01-13 12:30 | 食べ物一般 | Comments(0)