Save the Galapagos Head Project 発動

b0190505_3351046.jpg
b0190505_16585696.jpg

<前回 犬に芸を仕込む迷惑な客

 そんなわけで先日、メガネ21久留米店へ行ってきた。ちょいと間が空いてしまったのは、ここのところ満足に休めないくらい忙しかったのと、懐具合が心許なかったせいだ。
 ワン太の言うには、ぜひもう一度店に来て、僕の提案するヘルメットマウント型のメガネについて詳しく話して欲しいとのこと。こちらから申し出たことだし、本当なら勇んで向かうべきところなのだけれど、億劫に感じるところもあって、つい二の足を踏んでしまった。「作ってください」と頼んだところで、「はい、わかりました」と言うわけにはいかないことくらいわかっている。話を聞くのは建前で、既存商品のセールストークが待っているに違いない。そこでどうせなら、これを機に以前から狙っていた、Fit-Slim Z曲げというモデルを購入しようと思ったのだ。

b0190505_17534983.jpg

 Fit-Slim Z曲げは、メガネ21がフルフェイスヘルメット用メガネとして売り出す4種類のうちの1つで、ツルの形を自由に変えることができる優れものだ。ツルをまっすぐ伸ばせるので、ヘルメットを装着した状態でも帽体とこめかみの間に差し込みやすい。ただし、僕が普段使っているヘルメットは、前面を上に跳ね上げることができるシステムヘルメットと呼ばれるタイプで、頭部全体を覆うフルフェイスタイプではない。顔に当たる部分が解放されているジェットタイプとのハイブリッド的な位置付けで、フルフェイスに比べれば安全面では劣るけれど、メガネをかけたまま装着することができるという利点がある。だから厳密に言えば、差し込みやすさを主眼としたフルフェイス用のメガネは必要ないのだけれど、Z曲げだと頭の鉢の輪郭にツルを沿わせることができるので、6種類の中では一番相性が良さそうだと感じたのだ。

b0190505_3351169.jpg

 構えて行ったにも関わらず、新製品に関するセールストークはなかった。意外にも、いきなり打ち合わせから始まった。どうやら本気で、ヘルメットに取り付けるメガネを作ってくれるつもりらしい。僕は眼鏡屋という仕事をよく知らないのだけれど、普通こんなことまでしてくれるものだろうか。ひょっとするとメガネ21ならではなのかもしれない。なんだか上手くノセられているような気がする。スムーズに事が進みすぎて気色が悪い。

 久留米店の店長さんは僕のブログを読んでくれたようだけれど、おさらいのつもりで順を追って説明した。
 メガネをヘルメットに取り付けることによって、①フルフェイスヘルメット脱着時に掛け外しの手間を省くことができる。②ヒンジやツルに無理な力を加えなくて済む。これが最大のメリットだ。また、通常は耳と鼻の3点で支えるレンズを、頭部全体でキープすることにより、③走行中のズリ落ちを防止することが可能だ。顔の幅に合わせる必要がないので、④レンズの横幅を広くできる。メガネは凸レンズなので、大きなものを作ろうとすると中央の厚みが増し、その分重さが増す。ヘルメットに固定し、普段使いと共用しないことで、重量はある程度無視できるようになるわけだ。そしてレンズが大きくなれば、⑤視界全体をカバーできるようになる。オートバイの運転中は、ただでさえ左右の視界が狭まる傾向にある。つまりは視認性の向上にもつながる。

b0190505_3351284.jpg

 いいところばかりを羅列したけれど、おそらく簡単にはいかないだろう。当然ながら、ちょっと考えただけで幾つもデメリットが浮かぶし、頭の中だけで組み立てていたことなので、実際に作るとなると構造的な欠陥も出てくるに違いない。それに道路交通法も無視できない。メガネというのは頭部に装着するもので、ヘルメットに固定することが許されるかどうかについては定かでない。安全性、機能性の面では何ら問題なかったとしても、それが即ちルールをクリアしたことにはならない。こういった矛盾はずっと昔からあって、ことあるごとにライダーを悩ませてきた。ある意味、法律とはそういうものだとも言える。

 ああでもない、こうでもないと話し合いながら、気が付くと1時間以上が経過していた。とりあえず今回はここまで、日を改めフルフェイスヘルメットを持って再訪することになった。一応は前に使っていたのがあるのだけれど、長年酷使してきた物なので、ちょっとくたびれ過ぎている。後ろ髪を引かれるような気分ではあるけれど、Fit-Slim Z曲げの資金はフルフェイスの購入にあてることにした。
 最初の記事を書いたのが2年前だ。そう思うと、なにやら感慨深いものがある。今ここに、異形の頭部をもったライダーたちを救済するべく、「ガラパゴス頭を救えプロジェクト」がスタートした。鬼と出るか蛇と出るか、次回を乞うご期待だ。

関連:ヘルメット用メガネ
 

[PR]
by TigerSteamer | 2015-03-09 00:30 | オートバイ | Comments(0)
<< Ninja H2R 〜 ウイン... 蕎麦湯はルチンを飲むものにあらず >>