日出ずる処の納豆を、日没する処の珍味に

b0190505_239642.jpg

 サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー当日まで、あと一週間を切った。来週の今頃、ゴール地点である千里浜のパーティー会場で御馳走に舌鼓を打っているか、持ち前の方向音痴を遺憾なく発揮して、まるで見当違いの山奥で遺憾を噛み締めているか、それは走り終えてみないことにはわからない。時間内には辿り着けず、日没を過ぎてもルートの途上にある可能性は十分にあるし、マシントラブルで泣く泣く帰途に着く途中ということも考えられる。それに、想像したくはないけれど、事故にあっていないとも限らない。ただ、一切寄り道をせずに(チェックポイントにも寄らずに)950kmという距離は強行軍と呼ぶにふさわしく、日を追うごとにゲートをくぐる自分の姿をイメージできなくなりつつあるのは事実だ。

 ルート選びと言えるほど余裕のある計画は立てていない。ほぼ一日中、高速道路の上を走る予定で、途中でチェックポイント(道の駅でスタンプを押す、神社で御神籤を引く)の為に一般道に下りる時間的ロスを、どれだけ削ることができるかが肝だ。候補は幾つも立てたけれど、まだ決めあぐねている。幹となるプランに枝葉を生やしておいて、時間との兼ね合いで走りながら剪定していくのがいいかもしれない。

b0190505_239841.jpg

 ところで、SSTRの参加要項にはテーマという項目がある。単にポイント数を競い合うだけではなくて、先に決めておいたテーマに沿った旅ができたかどうかを評価するわけだ。夏休みの自由研究のようで、なんだかワクワクする。僕の場合、これに関しては随分前から決まっていた。もとい、テーマを決める必要がなかったとしても、やることは決まっていた。
 当初の出発地点を、大分県は佐伯市の夫婦岩付近に設定していたことを以前にも書いた。テーマは「大分県と石川県のコラボレーション」だ。夫婦岩の間から上る朝日と共に、大分県民の朝食を日の沈む千里浜に届け、夕食の席で融合させる。大変にスケールの大きな(?)試みだ。

 最近は”温泉県”というキャッチフレーズを掲げて、売り込みにやっきになっている大分県ではあるけれど、第三者の視点で冷静に判断するに、ちょっと待てと言いたい。たしかに、全国的に知名度の高い温泉地である別府や由布院は大分県にある。その他、大小温泉の数が多いのは認めよう。しかし、本当に温泉イコール大分かと言えば、決してそうではない。隣の福岡県が、代名詞でもあり山笠やどんたくなどの勇壮な祭で有名な「博多」と、大部分であるそれ以外の地域に大別されるのと同じだ。もしくは佐賀県が、「唐津くんち」で有名な佐賀県唐津市周辺と、「通った後には草も生えない」と揶揄される内陸部の住人では、明らかな県民性の違いがあるのにも似ている。

 温泉県を名乗り始めた頃、巷でさんざん物議を醸したように、大分と聞いて抱くイメージと別府や由布院は、はっきりと別物だ。その証拠に、別府市及び由布市民に出身地を尋ねても、絶対に大分だとは言わない。それより誇るべきは他にある。大分から、きらびやかな温泉地を除いた後に残る物。何を隠そう、この土地は名だたる納豆県なのだ。

b0190505_239967.jpg

 もののデータによれば、大分県民の九割九分は納豆好きであるという。これは納豆汁で有名な秋田県と並ぶ大記録であり、日本広しと言えども二県の他には類を見ない。納豆は、大分県民すべてにとってなくてはならない朝食のおかずであり、大分県民特有の粘り強くアクが強くネチっこくて糸を引きがちな、ややもすると相性の良し悪しがはっきり別れる県民性は、毎朝の納豆によって育まれたと言っても過言ではないのだ。

 ツーリング先で珍味を見つけると、無性に納豆と混ぜて食べたくなるという僕の奇妙な習性については、以前にも当ブログで話したことがある。今回も懲りずに試すつもりだ。石川県の代表的な珍味である「河豚の卵巣の糠漬け」を、大分県産大豆を100%使用した大分県の納豆で和えてみたい。

b0190505_2391038.jpg

 残念ながら夫婦岩のプランは時期的に不可能になってしまったけれど、納豆と河豚の卵巣の糠漬けの融合に関しては、数々の失敗に基づく直感的な手応えを感じている。石川県の県民性は、プライドが高くて他人には内心を明かさず、保守的で排他的で消極的だと聞く。この頑なさを大分の糸で絡みとって、千キロ離れた二つの県を、無理矢理にでも一つにしてみたい。納豆の糸が結ぶ縁。どんな科学変化を起こすか楽しみだ。考えただけでも生唾が湧いてくる。
 最後に、大分大分とさんざん連呼したけれど、僕自身は生粋の福岡県民であること。大分県にも石川県にも、なんら悪印象を抱いていないことをを付しておく。それでは皆さん、一週間後に千里浜でお会いしましょう。
 

[PR]
Commented by flhtc2008 at 2014-05-18 22:52
>大分県民の九割九分は納豆好きであるという
なるほど大分県って馴染みが無かったのですがイメージ掴めてきました。
そしてゴールでご馳走にありつけるように祈っています、頑張って!
Commented by TigerSteamer at 2014-05-19 23:06
頑張ります!
馴染みがないですか? 僕はもう何度も大分に遊びに行って、地元民でも知らないような穴場スポットまで知ってますが、未だに馴染めたような気がしません。大分って、そんなとこです。
by TigerSteamer | 2014-05-17 23:40 | ツーリング | Comments(2)

虎蒸気あらため河蒸気。オートバイとは無縁の生活を3年送りました。そろそろ復帰します。


by 河蒸気