人気ブログランキング |

日出ずる処の探索 ③

b0190505_3112658.jpg

 サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリーは、オートバイの任意の箇所に貼ったゼッケンナンバーを、デジタルカメラで画像に収めるところから始まる。必ず海をバックに、日の出以降の時間でなければならない。撮った写真はメールに貼付して大会事務局へ送る。つまりは、それがフライング防止のための証拠写真になるわけだけれど、記録に残るとなるとロケーションに凝りたくなるのが人の性だ。

 当初、僕は大分県佐伯市の豊後二見ヶ浦をスタート地点に想定していた。九州でも屈指の日の出スポットだ。夫婦岩と呼ばれる、海面から突き出した二つの岩の間から覗く日の出は、厳かでとても神々しい。

b0190505_3112923.jpg
b0190505_3112778.jpg

 この光景をタイガーと共に写真に収められたら、仮にポイントはゼロでも構わないと思った。スタートとゴールを隔てる距離は1050km、日の出が5時8分で日の入りが19時1分だから、制限時間は14時間弱だ。一切寄り道をせずに走り抜いたとしても、はたして間に合うかどうか。初めての道だから迷うこともあるだろうし、マシントラブルに見舞われる可能性だってある。休憩時間だって必要だ。僕が参加しているタイガー・オーナーズクラブのメンバーには、埼玉→熊本間を一晩で走破するツワモノもいるけれど、それは遵法精神とはかけ離れた所業だ。SSTRはキャノンボールレースではない。
 ロマンチストでB型の典型である僕としては、タイムオーバー前提でも構わないとさえ思った。ところが、調べを進めていくうちに、幸か不幸か不可能だとわかった。

b0190505_3113241.jpg

 夫婦岩の間を通って日が昇るのは3月と10月頃で、肝心の5月24日は大幅に角度がズレるようなのだ。10月と言えば、前回のSSTR2013が開催された月だ。千載一遇のチャンスを逃したようで、いかにも惜しい。そうと知っていれば絶対に参加していただろう。10月の日照時間は11時間強なので、万が一にも間に合う可能性はない。あえてそこに固執するのは、なんだか本末転倒のような気がしないでもないけれど、あえて触れないでおく。手段のために目的を見失うのは、僕のツーリングにはよくあることだ。

b0190505_3113259.jpg
b0190505_3113339.jpg

 よって出発地点は、海べりまで行く道がなくて断念した北九州空港にほど近い、第3候補の簑島海水浴場とする。もう視察は済ませた。民家が近いので、早朝にエンジンをかける時は注意が必要だ。近くに宿泊施設があるから、前日の内から泊り込むのがいいかもしれない。ここにしたところで千里浜までは910kmほどはあるので、極度の方向音痴でノープラン・ソロツーリングの垢にまみれた僕にしてみれば、決して楽観できる距離ではないけれど。

b0190505_3113426.jpg

 なんにせよ、これで懸案事項が一つ片付いた。次はテーマだ。
 

by TigerSteamer | 2014-03-20 02:00 | ツーリング | Comments(0)

虎蒸気あらため河蒸気。オートバイとは無縁の生活を3年送りました。そろそろ復帰します。


by 河蒸気