これ、なんだと思う?

b0190505_5164314.jpg

 ホームセンターが好きだという人の話をよく耳にする。日曜大工が趣味なら、木材のコーナーは宝の山に感じるだろうか。家のレイアウトに凝っているなら、家具売り場での「思わぬ拾い物」探しは、自分のセンスを試す良い機会かもしれない。中には工具マニアという理解の及ばない人種もいて、ありとあらゆる種類の工具を、使う使わないは別として買い集めていたりする。

 僕も嫌いではない。世の中には、その専門家でなければ、どう使うのかわからない道具、何のための物なのかわからない道具が結構ある。そういった物を手にとったり、用途を推理したりするのは結構、楽しい。
 これはホームセンターに限ったことではない。十年くらい前に、知人から頼まれてジンガーミシンの特殊なボビンケース(道具というよりは部品だけど)を探し回ったことがあった。結局は見つからなかったのだけれど、ミシンの専門店という今まで興味を持ったことのない物を扱う店で、あることすら知らなかった部品を探す行程は、とても楽しかった。

b0190505_5193677.jpg

 糸巻きを収納するだけの直径数センチの容器なわけだから、ただ丸くて真ん中に芯があればよさそうなものだけれど、あちこちに突起や窓や稼動部分があって、知識のない者が見てもどう機能するのかサッパリわからない。それでいて、そのちっぽけで歪なパーツが、わけのわからない機械細工の中心に、ぴったりとはまるのだから不思議だ。さらに凄いのは、その形が何十年も前から変わっていないことだ。実に男心を刺激する。裁縫をよくしない者にとっても、一見の価値がある。決して大袈裟ではなく、もし人類の叡智を一点に集約したとしたら、あんな形になるのではないかと思える。

 この一見して、わけのわからない物は、普段から関心をもって接しているジャンルにも稀に出現する。つい先日、ライディング・ウェアの専門店でみつけた。使い所としてはオートバイに乗る時に限ったものではないだろう。機能性よりも、ややオシャレが先行しているようにも感じる。尻のポケットだと壊れる原因になるからだろうか。ポケットがない上着もあるだろうし。

b0190505_5164833.jpg

 どう使うか、ご存知だろうか。




 携帯電話を首からブラ下げる輪っかに、筆入れが付いたものではないかと思った。ハンズフリーで会話をしながら、メモをとったりする時に便利だ。メモ帳を収納する部分が見当たらないのが残念だけれど、胸のポケットにでも入れておけばいいことで、些細なツッコミだと言われれば反論もできない。なかなか隙間をついたアイディアだ。売れるかどうかは別として、その発想は評価できる。

 しかし、違った。

b0190505_5165932.jpg


 中に入れるのはスマートフォンだろうか。これ、知ってましたか。

 知ってた? 本当に?
 

[PR]
by tigersteamer | 2013-07-14 03:50 | オートバイ | Comments(0)

虎蒸気あらため河蒸気。オートバイとは無縁の生活を3年送りました。そろそろ復帰します。


by 河蒸気