虎と鹿

b0190505_1131824.jpg

 我が家のガレージの片隅に鎮座ましますTiger900(トラ)とSerow225(カモシカ)。自然界の摂理に照らすならば、喰う者と喰われる者の関係に他ならないのだけれど、ウチの場合はお互いにケンカすることもなく、上手い具合に棲み分けができている。

 トラは専ら余暇活動専門だ。フルパニアにタンクバッグ、シートバッグ、積載量も豊富でロングツーリングに適している。カモシカは通勤用、たまには林道を走ったり、買い物や近場の散歩に付き合わせることもある。
 TigerのセカンドバイクにSerowという組み合わせは、決して派手さはないけれど、機能美という点で2台並べて悦に入るくらいの妙だ。実際、アドベンチャーモデルやアルプスローダー(垣根がどこにあるのか曖昧だけど)のお供に小排気量のオフ車というのは、組み合わせとして最良だと感じる。「どこまででも行けるオートバイ」と「どんなところでも走れるオートバイ」なわけだから、二つ合わせて完全無欠だ。僕の他にも賛同者はいる(いや、多分)ので、これを機に紹介しておく。いつかこの人と一緒に走ってみたい。

 さて、オートバイ界でトラと言えば、メリデン・トライアンフの時代から受け継がれる由緒ただしきペットネームであり、片やシカ(厳密に言うと、カモシカは鹿ではないらしいけれど)はSRシリーズと並んでヤマハの伝統そのものと言ってもいい。

 この虎と鹿。
 
 とある業界においては、まったく別のものを指すことを御存知だろうか。(僕もこないだ初めて知った)

b0190505_113196.jpg

 K-POPファンの間では、東方神起のメンバー2人を指す隠語なのだそうだ。特に一部の女性ファンにとっては、虎と鹿が仲睦まじげにジャレあっているところなんかは、卒倒しそうなくらいの喜悦を含んだ光景に映るらしい。肩を寄せ合っているだけで、飯が3杯お代わりできるというから相当だ。

 いやいや、それはもう、リビドーの捌け口というのは人それぞれだし、僕だって虎と鹿を並べてウットリしてるわけだから、理解できないなんて言う資格はないんだけれど・・・

 なんとなく尻の辺りがムズムズするので、これからはガレージの隅と隅に別けて置こうかしら、なんて思ったり・・・。
 

[PR]
by tigersteamer | 2013-07-04 01:12 | オートバイ | Comments(0)

虎蒸気あらため河蒸気。オートバイとは無縁の生活を3年送りました。そろそろ復帰します。


by 河蒸気