<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

R100RT 〜 絵になる二人

b0190505_2193023.jpg
b0190505_2193077.jpg
 アウローラの前庭に、僕のタイガー以外のオートバイが停まっているのを見たのは初めてだった。ドイツ製の古いオートバイとサイドカーは、おしゃれな佇まいのお店とあいまって、ちょっと悔しくなるくらい絵になっていた。

 BMW R100RTのスクリーンは、元になったR100RSのものよりも高さがあり、角度も切り立っている。市販車では初であり、ただでさえ疲れ知らずと評価の高いRSのフェアリングを、さらにツーリングユーザー向けに高めてある。この、後に大型クルーザーと呼ばれるスタイルは、代償として犠牲にしている要素が大きすぎるような気がして、少なくとも今までの僕はあまり好まなかった。オートバイとは基本的に風に抗い、または切り裂いて走るものだというステロタイプがあって、完全にシャットアウトするということ自体が無粋だと考えていたせいもある。ところが、背景を普段目にしている市街地から雄大な緑に溢れた郊外に挿し替えてみると、まるで違和感がなく溶け込んでいて、無粋どころか優美にさえ思えるから不思議だ。それがドイツの風土に培われた独特の意匠なのかもしれない。

 ライダーは熟年の御夫婦だった。ご主人がR100RTで奥様は側車なのかと思いきや、大柄な車体の陰にすっぽり隠れるようにして、ピカピカのW650が寄り添っているのを見つけた。この小柄で細身のモダンクラシックは、重厚なR100RTとは対照的に、いかにもトコトコと小気味よく走りそうだ。2台が連れ立てば、おそらく前を行くのは御主人に違いない。しかし、後をついて走りながら、常にペースを抑えているのは奥さんのような気がする。ひょっとしたら、舵取りを担っているのもそうだったりして。

 秋口の穏やかな午後を描いた風景画のなかで、哀れタイガーはもはや、テレピン油の染みのようにしか見えなかった。並べて駐車しようかとも思ったけれど、2台の仲の良さに水をさすのも気が引けて、少し離れたところに停めた。
 
場所
アウローラ
日田市夜明中町2297-3

[PR]
by TigerSteamer | 2014-09-29 23:51 | オートバイ

R nineT 〜 穴あきパンツの履き心地

b0190505_1827507.jpg

 ショートツーリングの帰りにモトラッドへ寄り、新発売のR nineTに試乗させてもらった。ずいぶん前から注目していた一台だ。痺れるくらいカッコいい。

 とはいえ、レビューめいたことは苦手だ。前にも痛感したことがあるけれど、他に比較対象を持たないのだから、気の利いたコメントひとつ出てこない。いざ乗ってみると感慨を抱くポイントは決まっている。まずは安定感。僕のタイガーよりも足付きの悪いオートバイなんてそうはないから、なおのことギャップが際立つ。同じオートバイとは思えない。ついでクラッチの軽さが嬉しくて、意味もなくスコスコしてみる。走り出すと出足の鋭さに仰け反り、グイグイ押し出すトルクに恐怖を覚え、回転の滑らかさに目を見張り、ブレーキの効きの良さに驚愕し、信号待ちのたびエンジンの鼓動と振動に感じ入る。ちゃんと右に振られることに気付いてニヤリとする。

 そうして、ひとしきり感動して再びタイガーに跨り、まるで正反対で褒めるところのない性能に溜息をつく。特に切り返しの重さとブレーキの効きの悪さときたら、どこかが壊れているとしか思えない。ただし、ストレスはない。腰もつっぱらないし、お腹が窮屈でもない。まんべんなくヤレた車体に、しみじみと居心地の良さを覚えながら、二十年落ちの愛車の良さを再確認する。これを乗り潰したら次はR nineTだな、とは思う。

 ビンテージジーンズを愛でるのとは違う。陰干ししながら大切に履き続けるのでもない。例えるなら擦り切れるほど履き古した心地よさだ。
 

[PR]
by TigerSteamer | 2014-09-12 17:58 | オートバイ

別の意味でスパイシーだった

b0190505_1571041.jpg
b0190505_1571394.jpg
b0190505_1571141.jpg
b0190505_1571210.jpg
b0190505_157144.jpg
b0190505_1571432.jpg
使った金額1,000円~1,999円
 穏やかな陽射しと潮風、雲ひとつない空。キラキラ輝く海、寄せては返す波の音。食欲をそそるグリーンカレーの香り。そして背後でギャン泣きする子供。

「ママの嘘つき! こんなのカレーじゃないいいいいい!」
「カレーやんね! マー君が食べんとなら、お母さんが食べるけんね。後でお腹すいたって泣いても知らんよ!」

 のどかだなー(泣
 
店舗情報
ドゥワンチャン
福岡県糸島市二丈深江2129−18

[PR]
by TigerSteamer | 2014-09-11 22:00 | ツーリング飯