Ninja H2R 〜 カワサキの遣り口

b0190505_1920123.jpg
b0190505_18532983.jpg

 2014年9月、カワサキ Ninja H2Rのニュースは世界中のオートバイファンを驚愕せしめた。スーパチャージャー搭載、鋼管トレリスフレームに抱えられた998ccの直列4気筒エンジンは、オートバイ史初の300馬力を捻り出す。

 カワサキが時として、そういうことをやりたがるメーカーであることは知っている。ただ、走り屋気取りだった若かりし頃ならいざしらず、太鼓腹を抱えた中年となった現在の僕にとって、最高出力300馬力や最高時速320kmといった要素は韓流アイドルや最新のコスメ情報と同列だ。乾いた感想しかもたらさない。視力、筋力、反射神経の衰えが著しく、さらに腰痛持ちでもあり、長時間にわたる前傾姿勢に耐えられないからだ。
 とはいえ、逆の意味で関心がないわけではない。ツッコミたくてしかたがないのは、あの人型決戦兵器を彷彿とさせる凶悪な面構えと、鬼のツノのように突き出た2枚のウイングだ。実にハッタリが効いている。オートバイにウイングをつけてダウンフォースを得ようという試みは、効果は別として昔からあった。しかし、H2Rのそれはどう見てもデザインの一部であって、まともに機能するとは思えないのだ。

b0190505_18532711.jpg
b0190505_18532844.jpg

 僕がそこまで懐疑的になるのは、20年以上前に2週間だけ所有していたレーサーレプリカ、ZXR250についていたアレを否応なく思い出させるからだ。具体的な数値は提示せず、「強力なダウンフォースを生み出す」と文言だけで効果があるかのように思わせる手管もそっくりだ。
 数年前には、フラッグシップモデルであるレーサーZX-10Rとエヴァンゲリオンのコラボレーションが話題になっている。今にしてみれば、H2Rの特異な形状を違和感なく溶け込ませる為の布石と考えられなくもない。ひょっとして、オートバイ離れの進んだ若者にウケそうなデザインを、ロボットアニメ的なギミックとして盛り込んだだけなのではないか。そういえば、かつて僕のハートを鷲掴みにしたアレは、アンチカワサキ派によって名付けられた「掃除機のホース」などという蔑みの他に、ガンダムに登場する敵役のモビルスーツ、ザクの口元についているダクトに喩えられることがあった。決して皮肉ではなく、男カワサキはこういった男の子心を刺激する遣り口が得意なのだ。

b0190505_18532348.jpg
b0190505_19174757.jpg

 

[PR]
by TigerSteamer | 2015-03-29 17:46 | オートバイ
<< 日出ずる処の研究 おもいでカフェ >>