ZXR250 〜 男カワサキ

b0190505_1692755.jpg
b0190505_1692731.jpg

 「男カワサキ」という言葉がある。国内のオートバイメーカー4社の中でも、骨太で我が道を行くイメージが強いカワサキのキャッチフレーズだ。かつて最速を誇ったGPZ900RやZZR1100を思い浮かべる人もいるだろうし、ゼファーやZRXなどに代表される無骨なネイキッドモデル、あるいはそこから遡ってZ1やZ750RS、マッハシリーズに想いを馳せる人もいるだろう。オートバイだけに捉われず、ライフスタイル全般にイメージを重ねることもあるかもしれない。
 「男カワサキ」は好意的に用いられるとは限らない。この言葉が大嫌いだと言う人もいる。カワサキが嫌いなのではなくて、男性的な権威主義のイメージが嫌なのだそうだ。「男」に固定のイメージがあるということは、暗に背中合わせで「女とはかくあるべし」という前時代的な思想を突き付けることでもある。また、ナルシズムの臭いを嗅ぎ取って、逆に男らしくない、女々しさの象徴だと唾棄する人もいる。

 このように、「男カワサキ」から受けるイメージは人それぞれだ。僕の場合は、真っ先にZXR250を思い浮かべる。かつて2週間だけ所有していたレーサーレプリカだ。クラブマンでオートバイに乗り始め、金がなくて手放したVT250スパーダを経て、このZXRで本格的な峠デビューを飾った。僕の無謀な運転が元で、あっという間に鉄屑になったけれども。
 クロスミッションに倒立フォーク、クラス中でも抜きん出て高い回転数、ラムエアが実装されたのもこのオートバイが最初だ。盛り込まれた最新技術の中でも、一際目立ったのがK-CAS(Kawasaki Cool Air System)と呼ばれるカワサキ独自の冷却システムだった。カウル前方から走行風を取り込み、燃料タンクを貫通したダクトを経て、エンジンのシリンダーヘッドを直接冷却する。そうすることによって、エンジンの熱ダレを防いで出力を安定させる。そういう設定だった。シンプルでわかりやすい原理を誰もが信じていたし、僕も疑っていなかった。

 スズキのファンがスズ菌感染者と呼ばれるように、カワサキには信者と呼ばれる熱烈な支持者がいる。その盲信ぶりときたら、構造的欠陥すら美点として肯定してしまう程だ。そんな彼ら、オイル漏れすら入っている証拠だと言い切るカワサキ信者達にとっても、K-CASは微妙な存在であるらしい。今そのことに触れると、ある者は虚空に視線を迷わせながら、あれは思ったほどの効果はなかったらしいね・・・などと消え入りそうな声で呟いたり、またある者は堂々とふんぞりかえって、常用域では無用の長物なだけで、機能し始めるのは200キロを超えたあたりから、などと居直ったりする。まるで、効果が感じられないのはお前がヘタレだからだと言わんばかりだけれど、250ccのオートバイにそんなスピードが出せるはずもない。

 さしたる根拠もないけれど、あえてここに断言しよう。K-CASにそんな効果はない。実感できたと言い張るそれはプラシーボ効果であり、篤い信仰の賜物だ。レーサーレプリカの開発では後発組にあたるカワサキが、他社に負けないセールスポイントをと、なにか凄そうに見えるギミックを取って付けただけの代物だ。
 僕にとって「男カワサキ」の男とは、K-CASに見るハッタリと子供だましだ。ペラペラの虚栄心でもあり、勢いだけの取るに足らない矜持でもある。その先には、博徒たちが凌ぎを削る鉄火場の光景があるかもしれない。そういう意味では、非常に男らしいと言えなくはないけれど、そこに高倉健や鶴田浩二の姿はない。
 誤解して欲しくないのは、カワサキのオートバイが嫌いではないということだ。むしろ人間味があって好ましい。4大メーカーの中で最も愛すべき存在だと思う。「男カワサキ」のネガティブなイメージもすべて引っくるめて、男なんてカワイイものなのだ。

 ちなみに僕の周りでは、◯-CAS(◯には各人の頭文字が入る)と称してズボンのチャックを全開にする遊びが流行った。実に男カワサキ的な、どうでもいいエピソードだ。
 

[PR]
by TigerSteamer | 2015-01-19 16:00 | オートバイ
<< ノーミノールの花 あんぱん遥かなり >>