マイ プレシャス

b0190505_0514523.jpg

 とうとう手に入れた、これが僕の”いとしいしと”だ。ただ今、あれこれ試すのもままならないほどに忙しいので、実用例は後日お伝えしたい。このブログを読んで、今か今かと待ち構えていた読者(いるのかしら?)に取り急ぎお詫びしなくてはならないのは、発売は3月と聞いていたので悠長に構えていたら、納期が早まったらしく2月中になったことだ。これがお詫びにあたるのかどうかは別として、3ヶ月の筈がかれこれ9ヶ月待っても梨の礫のウィルバー君に、爪の垢を煎じて飲ませてやりたい。

 それと大切なのは、これが税込12600円だということ。色は黒青橙の3色から選べること。マックスフリッツで絶賛発売中だということだ。
 それから、横にしたハードカバーが4冊! 入るけれど、だからと言って調子に乗って実行に移すと腰への負担が半端じゃないこと(もう試した)。メインの収納スペースがパンパンになっても、ツーリングマップルは別のポケットに入れられること。自由度が高い上に大小様々なポケットがあって、さっそくベルトの小物入れにコインホルダーを仕込んだこと。うまく工夫すればグローブホルダーもイケること。
 以前、ウエストバッグに関する記事にこんなことを書いた。
 ツーリングに出かける時にウエストバッグに収納しているのは、財布、iPhone、auのガラケー(iPhoneはソフトバンクなのだ。あとは察しておくれ)、雨天時に電子製品を避難させる為のジップロック、デジカメ(入れてないこともある)、タバコ(タバコ入れには鍵束を入れている)、ライター、携帯灰皿、iPhoneの予備バッテリーだ。これにタオル地のハンカチ、ウエットティッシュ、小さなサイズのペットボトルが加わることもある。また、バンドエイドやマキロンなどの救急セットを入れていたこともあった。
 もちろん全て叶った。僕のために作ってくれたのではないだろうかと勘違いしそうなくらい、収まるべきところにスッポリと、機能的かつ美しく収まった。つまり長年の想いは成就したのだ。

 注意しておきたいのは、画像の笑顔の素敵なエルフ風の男性は僕のプレシャスではないし、僕でもないことくらい。ちなみに、本物の僕はゴラムを5倍太らせて両腕を縛り、まるまる12ラウンド戦わせた上で水に沈めてふやけさせた感じだ。
 僕と”いとしいしと”の馴れ初めについてはこちら → 『収納の妙』
 切ない恋物語についてはこちら → 『すてきな片想い』
 そもそも”いとしいしと”とかゴラムとかの意味がわからない人はこちら → 『ホビットの冒険』

 既に決めたのは二つ。次の休みは絶対に”いとしいしと”と旅に出る。5月のアレも”いとしいしと”を腰に巻いて参加する。迷っているのは、ツーリング用だけではなくて、仕事用にもう一つ買うかどうか。これの使いでときたら、遊びだけでは勿体ない。釘袋(的な)としても使いたいくらいだ。

b0190505_0514623.jpg

 

[PR]
by TigerSteamer | 2014-02-23 01:10 | ツーリング
<< ライダーは海岸線を目指す 納豆狂の詩 >>